くらしの文化財探索会 活動報告

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

みんなで楽しい「展示会」を作りましょう!

民俗学、展示方法などを学び、「ちょっと昔のくらしと道具」、小学生のための学習展示を、父母、祖父母の視点から作り上げます。

3人の人々が白い服を調べているの写真
展示ストーリーを考えるために男性が黒い服を広げている写真
男性が白い服を広げて発表をしている写真
4人の男性が複数の衣類を比較している様子の写真

 文化財として指定されていなくともふるさと・あつぎにとって大切なものはたくさんあります。「民俗文化財」とは何か、どのような意味を持つのか、実際の資料から実感し、興味を深めていき、自分自身の日常生活、生活慣行を、民俗文化財としてみなおすためのヒントとなるような講座が「くらしの文化財探索会」です。

今年度は、小学校4年生が学ぶ「変わってきた人々のくらし」に関する展示を作り上げる中で、この「民俗文化財」を考えるものといたします。孫、子どもでの世代である小学生に対し、自分たちのくらしがどう変わってきたのかを「資料」によって説明し、伝えることで、私たち自身もくらしへの理解を深めていきます。

この『くらしの文化財探索』は、会の活動レポートであるとともに、展示を作り上げる経過報告でもあります。

この講座によって地域の文化にふれたり、その意味を知ることで知的好奇心を満たすことだけではなく、活動を通して、厚木の地に生きた先人の生活を知り、今後の新しい厚木を創りあげていくきっかけの一端になればと願っています。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育部 文化財保護課 文化財保護係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
電話番号:046-225-2509
ファックス番号:046-223-0086

メールフォームによるお問い合わせ