登山古墳史跡公園(どうやまこふんしせきこうえん)

更新日:2021年10月19日

公開日:2021年10月19日

登山古墳群のうち、3号墳と4号墳の画像

公園の様子(手前が3号墳、奥が4号墳)

案内

所在地

 飯山字西登山1616番ほか

開園時間

【期間】4月1日~9月30日   【時間】午前8時30分~午後6時

【期間】10月1日~3月31日 【時間】午前8時30分~午後5時

概説

登山古墳は、尼寺原台地の北側、標高66mほどにある、5基の円墳からなる古墳群です。そのうち、2~5号墳の4基について、現状保存し、史跡公園として公開しています。

2~5号墳は、平成3・4年に発掘調査が行われ、調査の結果、遺体を納める埋葬施設などが確認されましたが、副葬品はほとんど出土しませんでした。古墳が造られた時期は、埋葬施設の構造などから、古墳時代後期(6~7世紀)と考えられますが、4号墳は古墳時代中期(5世紀)までさかのぼる可能性があります。

1号墳は史跡公園から南東約500mにあり、昭和42年に行われた発掘調査によって、家型、人物、動物などの多数の埴輪が出土しました。開発によって古墳は失われてしまいましたが、出土した埴輪は、県の重要文化財に指定され、あつぎ郷土博物館でご覧いただけます。

交通案内

 本厚木駅北口2番乗り場、「東京工芸大学行」、終点下車、徒歩約6分。

関連ページ

地図

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育部 文化財保護課 文化財保護係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
電話番号:046-225-2509
ファックス番号:046-223-0086

メールフォームによるお問い合わせ