インフルエンザに伴う治ゆ証明書の変更について

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

 厚木市立小・中学校では、児童・生徒がインフルエンザにかかり出席停止となった場合、医師が記載した治ゆ証明書を提出し再登校することとしていますが、児童・生徒がインフルエンザ流行時に治ゆ証明書発行のために医療機関を再受診することでのリスクを避けるため、保護者が記入する「インフルエンザについての登校届」に変更いたします。

 令和元年10月から医療機関にてインフルエンザと診断された場合は、必ず、その旨を学校に御連絡いただき、医師及び学校からの指示に従い自宅で安静に過ごし、発症日から5日かつ解熱後2日が経過しましたら、登校届に御記入いただき、お子さんに持たせ登校させてください。

 ただし、日数が経過してもお子さんの状態が回復しない場合は、再度、かかりつけ医を受診して医師の指示に従ってください。

 登校届の用紙につきましては、御協力いただける市内及び近隣の医療機関で受け取ることができますが、医療機関で受け取れなかった場合には、学校へお申し出ください。

 なお、インフルエンザ以外の感染病(百日ぜき、麻しん、風しん、流行性耳下腺炎、咽頭結膜炎ほか)につきましては、従前のとおり治ゆ証明書での対応となります。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育部 学務課 学務係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎4階)
電話番号:046-225-2650
ファックス番号:046-223-0089

メールフォームによるお問い合わせ