厚木市特別の理由による任意の予防接種費用の助成について

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

 厚木市では、骨髄移植や化学療法などにより、過去に受けた定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に診断された方に対して、経済的負担の軽減および感染症予防のため、任意で受ける再接種費用を助成します。
 
なお、助成を受けるには事前に申請が必要です。申請方法等は健康づくり課までお問い合わせください。

1 対象者

次の1.から3.いずれにも該当する方

  1.  骨髄移植や化学療法などにより、接種済みの予防接種の効果が期待できないと医師に診断されている方。
  2.  助成対象予防接種の接種日において、市内に住所を有する20歳未満の方。
  3.  過去に受けた定期予防接種の接種回数及び接種間隔が予防接種実施規則の規定によるものであること

2 助成の対象となる予防接種

次の1.から3.いずれにも該当すること

  1.  予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病に係る予防接種である
  2.  予防接種実施規則に規定するワクチンである
  3. 1.の予防接種のうち、四種混合、BCG,ヒブ、小児用肺炎球菌については、次の年齢に達するまで、それ以外の予防接種については、20歳に達するまでの間の接種である。
    • 四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)…15歳
    • BCG(結核)…4歳
    • ヒブ…10歳
    • 小児用肺炎球菌…6歳

3 助成金額

予防接種にかかった費用(上限有り)
医師の診断料等は助成対象外です。

4 その他

助成を受ける場合は、事前に申請が必要になりますので、健康づくり課までお問い合わせください。
助成内容や申請方法について御案内した上で、申請に必要な書類を御自宅に郵送いたします。

 (公開日:令和2年11月1日)

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

市民健康部 健康づくり課 母子保健係
〒243-0018
厚木市中町1-4-1(保健福祉センター2階)
電話番号:046-225-2597
ファックス番号:046-223-7066

メールフォームによるお問い合わせ