厚木市の公共下水道について

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

 厚木市の下水道は「相模川流域下水道」といいます。市内の下水は、相模川の流れに沿って建設された下水管に集められ、平塚市四之宮にある下水処理場まで運ばれ、そこできれいな水に生まれ変わります。
 相模湾に向かって見て、右岸地域の下水は平塚市の処理場で、左岸地域の下水は茅ヶ崎市にある処理場で処理されています。
 公共下水道の建設や維持管理には公共下水道を使用している方からの受益者負担金及び下水道使用料をもって充てていますが、公共下水道を建設し維持するためには、巨額な費用がかかります。そのため、国の補助や市費の繰入れを受けているほか、公共下水道は一度設置されれば、未来の使用者にとっても財産となるため、起債という借金により未来の使用者にも応分の負担をしてもらうようになっています。
 受益者負担金は、公共下水道の建設費用として、下水道使用料は、下水管等の修理や終末処理場などの維持管理に使われています。
 

相模川流域下水道について

 流域下水道とは、市町村の行政区域にとらわれることなく河川流域内の各都市の公共下水道から流れてくる汚水を終末処理場に集め、効率的に浄化して放流する大規模な下水道のことをいいます。
 相模川流域下水道は、昭和40年代に県央を横断している相模川の流域において人口が増加し、工場の進出などにより都市化が進み川の汚れがみられるようになったため、川の水質保全や水資源確保を維持するために建設されました。

地図

この記事に関するお問い合わせ先 inquiry

都市整備部 下水道総務課 下水道総務係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎14階)
電話番号:046-225-2361
ファックス番号:046-222-8749

メールフォームによるお問い合わせ