猫の飼い主さんへ

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

 飼い猫が、ご近所の庭にフンをしたり、花壇を荒らしたり、駐車場の車の上に乗って傷をつけたりしていませんか?

 ご近所には、猫の嫌いな方、猫の被害で困っている方がいるかもしれません。

 ご近所の人への配慮やコミュニケーションが大切です。

 家族の一員として共に暮らす飼い猫が、ご近所の嫌われ者にならないよう、飼い主さんは飼育マナーを守りましょう。

 猫に関する苦情が人間関係にも影響を及ぼすことがあります。苦情を受けた場合は、内容を冷静に分析し、誠意ある対応を心掛けましょう。

不妊・去勢手術を行いましょう

 猫は生後6か月くらいから毎年2から3回出産し、1回に2から8匹ほどの子猫を生みます。

繁殖させる計画がない場合は、不妊去勢手術を受けさせましょう。

 不妊去勢手術のメリットとして、次のようなものがあります。

  • オスは、発情の伴うけんかや、発情特有の鳴き声を防止。尿マーキングの制御等
  • メスは、発情を伴う鳴き声の防止。子宮蓄膿症や乳腺腫瘍など生殖器系の病気予防等

 なお、厚木市では不妊去勢手術費の助成を行っております。

身元表示をしましょう

 猫が逃げ出してしまった時や行方不明になってしまった時に、飼い主さんの元へ戻られるよう、連絡先を書いた首輪や迷子札、マイクロチップの埋め込み等、飼い主が判明するようにしましょう。

猫用トイレを設置しましょう

猫用トイレを設置し、そこで排泄するようにしつけましょう。

 トイレは常に清潔に保ち、悪臭や虫などの発生を防止しましょう。

室内飼いに努めましょう

 猫を屋内で飼うことで、猫同士の病気感染や不慮の事故防止になります。

また、近隣へのフン尿被害やいたずら防止にもなります。

 猫の生活圏に上下運動ができる高さを確保できれば、比較的狭い屋内にも適用できます。

 猫の習性を理解した上での配慮が続けられるならば、猫の屋内飼いは充分可能です。

終生飼養に努めましょう

 猫の本能、習性、行動及び生理等を十分理解し、愛情をもって猫を終生適切に飼養しましょう。

 どうしても飼えなくなった場合は、新しい飼い主を見つけましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

環境農政部 生活環境課 美化衛生係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎7階)
電話番号:046-225-2750
ファックス番号:046-223-1668

メールフォームによるお問い合わせ