議会運営の在り方等を諮問(平成22年10月19日)

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

議会運営の在り方等を議会運営委員会に諮問しました

平成22年10月19日火曜日、私、厚木市議会議長 田上祥子は、議会運営委員会(齋藤仁礼委員長)に対し、議会運営の在り方等に関する下記7項目を諮問しました。
これは、地方分権の進展や社会の多様化により、地方議会の果たすべき役割がますます重要となる中、議会の在り方等について検討をお願いするものです。石射正英前議長が平成21年10月5日付けで議会運営委員会に諮問し、平成22年7月21日付けで受けた答申のうち、議会運営にかかわる事項を中心に具体的に検討していただきます。
議会運営委員会は、9人の委員で構成される議会の在り方検討会(齋藤仁礼会長)を設置し、検討していくことになりました。
議会のさらなる活性化と議会機能の向上を図るとともに、より一層の開かれた議会の実現に向けて取り組んでいきますので、どうぞご期待ください。 

【諮問事項】

  1. 一般質問において、理事者が論点整理のために質問内容を確認する行為について
  2. 議員間における自由討議の具体的な手法について
  3. 決算議案を分割付託することについて
  4. 請願者・陳情者が意見を述べる機会を設けることについて
  5. 押しボタン式投票も含めた市民にわかりやすい採決方法について
  6. 予算に関する議案説明を全体あるいは委員会ごとに実施することについて
  7. 議会基本条例の必要性並びにその内容について

議会の在り方検討会の日程は、「会議の日程」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会総務課 議事調査係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎5階)
電話番号:046-225-2701
ファックス番号:046-223-9535

メールフォームによるお問い合わせ