議会運営の在り方等を諮問(平成23年10月21日)

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

議会運営の在り方等を議会運営委員会に諮問しました

平成23年10月21日金曜日、私、厚木市議会議長 小島一郎は、議会運営委員会(神子雅人委員長)に対し、議会運営の在り方等に関する下記7項目を諮問しました。
これは、地方分権の進展や社会の多様化により、地方議会の果たすべき役割がますます重要となる中、田上祥子前議長が平成22年10月19日付けで議会運営委員会に諮問し、平成23年6月13日付けで受けた答申書の内容のほか、本市議会として検討する必要性がある項目も新たに追加し、議会運営の在り方等について、より具体的に検討していただくものです。
議会運営委員会は、9人の委員で構成される議会の在り方検討会(神子雅人会長)を設置し、検討していくことになりました。
議会のさらなる活性化と議会機能の向上を図るとともに、より一層の開かれた議会の実現に向けて取り組んでいきますので、どうぞご期待ください。 

【諮問事項】

  1.   自由討議の手法について(常任委員会に沿ったテーマで協議会の中で行う)
  2.   決算審査の方法について(共通資料のあり方)
  3.   請願者の委員会での意見陳述について(手法及び申合せ事項に追加する必要性の有無)
  4.   押しボタン式投票による採決について(実施するか否か)
  5.   議会基本条例の策定について(必要性並びにその内容)
  6.   地方自治法改正に伴う検討について(議員定数のあり方)
  7.   通年議会の実施について

議会の在り方検討会の日程は、「会議の日程」をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会総務課 議事調査係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎5階)
電話番号:046-225-2701
ファックス番号:046-223-9535

メールフォームによるお問い合わせ