議会運営委員会からの答申(平成27年2月20日付け答申)

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

石井議長と川口委員長が両手で答申書を持ち両脇に男性が2人立っている写真

石井議長(左から2人目)へ答申書を手渡す川口委員長(左から3人目)
 (左端=難波副議長、右端=瀧口副委員長)

議会の在り方に関する検討について、議会運営委員会から答申

私、厚木市議会議長 石井芳隆が、平成26年10月21日付けで議会運営委員会(川口仁委員長)に諮問した事項「議会の在り方に関する検討について」の6項目のうち、諮問事項6の「乳幼児連れの市民の傍聴について」に対し、平成27年2月20日付けで議会運営委員会から答申がありました。答申書の内容は次のとおりです。

答申書

検討事項

乳幼児連れの市民の傍聴について

検討結果

厚木市議会傍聴規則第7条第2項に規定している「児童及び乳幼児は、傍聴席に入ることができない。ただし、議長の許可を得たときは、この限りでない。」の運用については、乳幼児連れの市民等から傍聴の申し出があった場合、議長が許可したものとみなすこととする。
ただし、児童及び乳幼児が傍聴席において、泣いたり騒いだりした場合には、退席していただくものとする。
なお、厚木市議会傍聴規則について、本答申に伴う一部改正は行わないものとする。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会総務課 議事調査係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎5階)
電話番号:046-225-2701
ファックス番号:046-223-9535

メールフォームによるお問い合わせ