議会運営委員会からの答申(平成27年6月19日付け答申)

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

石井議長へ答申書を手渡す川口委員長と両隣に並ぶ2人の男性の写真

石井議長(左から2人目)へ答申書を手渡す川口委員長(左から3人目) (左端=難波副議長、右端=瀧口副委員長)

議会の在り方に関する検討について、議会運営委員会から答申

私、厚木市議会議長 石井芳隆が、平成26年10月21日付けで議会運営委員会(川口仁委員長)に諮問した事項「議会の在り方に関する検討について」の6項目のうち、諮問事項1の「市議会議員選挙の時期について(市長選挙と同時執行できないか)」、諮問事項4の「議会の評価について」及び諮問事項5の「子ども議会の定例化(例えば2年に1回開催)について」に対し、平成27年6月19日付で議会運営委員会から答申がありました。答申書の内容は次のとおりです。
なお、諮問事項2の「議会基本条例の策定について(必要性並びにその内容)」及び諮問事項3の「(仮称)議会災害時条例の策定について」は、平成27年3月20日付で、また、諮問事項6の「乳幼児連れの市民の傍聴について」は、平成27年2月20日付で答申を受けております。

答申書

検討事項

議会の在り方に関する検討について

検討結果

それぞれの項目については、次のとおりとする。

諮問事項1.市議会議員選挙の時期について(市長選挙と同時執行できないか)

これまでも、十分に時間をかけて検討・協議を行ってきたが、問題点の抽出や期待できる効果など、様々な観点からプラス面とマイナス面を十分に調査・研究する必要があり、引き続き協議することとする。

諮問事項4.議会の評価について

評価の重要性は認識しているが、評価の方法等の具体的な手法については、引き続き調査・研究を進めながら、協議することとする。

諮問事項5.子ども議会の定例化(例えば2年に1回開催)について

子ども議会は、定例的に開催することとし、原則として、議員任期の2年目及び4年目に実施することとする。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会総務課 議事調査係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎5階)
電話番号:046-225-2701
ファックス番号:046-223-9535

メールフォームによるお問い合わせ