3010(さんまるいちまる)運動に参加しよう!

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

3010(さんまるいちまる)運動は食品ロスを減らす運動です!

はじめの30分、終わりの10分は席で食事を 3010運動 厚木市のロゴマーク

 3010運動とは、長野県松本市で考案され、全国的に広まりを見せている食品ロス(食べることができるのに捨てられてしまう食品。)削減運動です。
 飲食店等での会食や宴会時に、はじめの30分と終わりの10分は自分の席で食事をし、食べ残しを減らしましょう!

食品ロスの現状

日本の食品ロスは、年間約600万トンを超えると推計され、市内では、年間約6,000トンもの食品ロスが発生していると推計されています。
年間約6,000トンの食品ロスを市民1人が1日に排出する量に換算すると約70グラムとなり、これは8枚切り食パン1枚に相当します。(つまり、厚木市内では、1日に食パン1枚×22万人=22万枚の食パンが食べることができるのに捨てられている計算になります。)
一方で、世界では、9人に1人が飢餓に苦しんでおり、その原因の一つとして、先進諸国等による食品ロスが挙げられています。

幹事さんへのお願い

  • 宴会時、「最初の30分と最後の10分は、自席で食事を!」とアナウンスしてください。
  • 食べ残しの結果を確認。
  • 成果を参加者にお知らせしてください。

ご家庭でできること(食品ロス削減のために)

  • 食品は、計画的に購入しましょう。
  • 買い物前に、冷蔵庫をチェック。
  • 消費期限、賞味期限の迫った食品は、手前に並べる。
  • 食べ残しは、次の食事でリメイクしましょう。(食中毒等にはご注意ください。)
  • 外食時には、注文のし過ぎに注意しましょう。

 等々

公開日:平成31年4月1日

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

環境農政部 環境事業課 資源循環係
〒243-0807
厚木市金田1641-1(厚木市環境センター1階)
電話番号:046-225-2793
ファックス番号:046-224-0920

メールフォームによるお問い合わせ