本市農業の振興のため、ご寄附をいただきました。

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

市長室にて2名の男性が目録を一緒に持ち記念撮影をしている写真

 令和2年4月3日、NBP JAPAN株式会社代表取締役会長(CEO)兼アジア代表の菊子晃平様から、本市の農業振興のためにと、現金100万円のご寄附をいただきました。
 ご子息が、本市都市農業支援センターの就農支援を受けて、令和2年4月に上荻野地区の約2千平方メートルの農地で就農したのを機に、厚木市の農業振興の発展の一助にしてほしいとの思いから、あつぎ元気応援寄附金制度を利用し、ご寄附をいただきました。
 この日市長室を訪れた菊子様は、「新鮮でおいしい野菜を作る農家の皆さんのために、少しでも役に立てたらと考えていた。厚木は自然豊かな土地。まちの農業の活性化につながればうれしい」と話されました。
 寄附を受け取った小林常良市長は、「市内には新規就農者が多くいます。豊かな自然はまちの誇りでもあるので、進めている市街地の再開発などとバランスを取りながら、農業のしやすい環境整備を進めていきたい」と話しました。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

環境農政部 農業政策課 農業政策係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎8階)
電話番号:046-225-2800
ファックス番号:046-223-0174

メールフォームによるお問い合わせ