烏山藩厚木役所跡

更新日:2021年10月19日

公開日:2021年04月01日

大きな橋が架かっている手前にある、史跡烏山藩厚木役所跡と書かれた大きな石碑の写真

烏山藩厚木役所跡

市指定史跡(昭和52年7月1日指定)

所在地

 厚木町6

概説

 下野国(現栃木県)烏山藩主大久保常春は、享保13年(1728)頃、相模国内に点在する領地を治めるため厚木村に代官所を置きました。現在の厚木神社北側に所在し、通称「厚木陣屋」と呼ばれ、役人たちが年貢の取立てや幕府から出された知らせを触れ回る仕事をしていました。

交通案内

 本厚木駅東口から徒歩10分

関連ページ

地図

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育部 文化財保護課 文化財保護係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
電話番号:046-225-2509
ファックス番号:046-223-0086

メールフォームによるお問い合わせ