議会運営の在り方等を諮問(平成28年8月30日)

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

議会運営の在り方等を議会運営委員会に諮問しました

平成28年8月30日火曜日、私、厚木市議会議長 越智一久は、議会運営委員会(沼田幸一委員長)に対し、議会運営の在り方等に関する下記5項目を諮問しました。
これは、地方分権の進展や社会の多様化により、地方議会の果たすべき役割がますます重要となる中、平成27年11月20日付けで議会運営委員会に諮問し、平成28年7月20日付けで受けた答申書の内容のほか、本市議会として検討する必要性がある項目も新たに追加し、議会運営の在り方等について、より具体的に検討していただくものです。
議会運営委員会は、9人の委員で構成される議会の在り方検討会(沼田幸一会長)を設置し、検討していくことになりました。
議会のさらなる活性化と議会機能の向上を図るとともに、より一層の開かれた議会の実現に向けて取り組んでいきますので、どうぞご期待ください。 

【諮問事項】

  1.  議会の評価について
  2.  議員間討議の活性化について
  3.  子ども議会について 
  4.  専決事項の再検討について(法人市民税の還付について)
  5.  公務の範囲について(議会報告会を公務とすることについて)

議会の在り方検討会の日程は、「会議の日程」をご覧ください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会総務課 議事調査係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎5階)
電話番号:046-225-2701
ファックス番号:046-223-9535

メールフォームによるお問い合わせ