給与支払報告書(個人別明細書)の記載方法

更新日:2021年11月08日

公開日:2021年04月01日

概要

 令和3年1月から12月に給与等(俸給、賃金、歳費、賞与その他これらの性質を有するもの。事業専従者やパート、アルバイトも含みます。)を支払った事業所は、令和4年度の給与支払報告書の作成と提出が必要です。
 税務署から配布される「令和3年分 給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引」及び「令和3年分 年末調整のしかた」(2冊とも国税庁のホームページからダウンロードできます。)等を参照の上、作成してください。

給与支払報告書(個人別明細書)の種類と提出部数

 市で配布する「給与支払報告書(個人別明細書)(以下、「個人別明細書」といいます。)」は複写式で、緑色とオレンジ色のものがあります(連続帳票は水色)。
 オレンジ色のものにつきましては、法人の役員で150万円を超える方、または一般の受給者で500万円を超える支払金額がある方の場合にご使用いただくもので、3枚目の税務署提出用を含めた4枚複写になっています。
 それ以外の方については、緑色のものをご使用いただくようになります。緑色、オレンジ色、どちらをご使用いただく場合も、上の2枚を市区町村に提出していただき、一番下の源泉徴収票は受給者本人に交付していただくことになります。
 なお、給与の支払金額が2,000万円を超える場合、個人で確定申告の対象となるため年末調整は不要ですが、給与支払報告書の提出は必要となりますので、ご注意ください。
 また、退職者について、支払金額が30万円を超える場合には給与支払報告書の提出が法律で義務付けられていますが、それ以外の方についても税証明の発行や国民健康保険料の算定などに必要となりますので、提出していただきますようお願いします。
 なお、次のファイルからダウンロードして作成することもできます。その場合、金額による区分はありません。
 また、提出サイズはA5サイズとなります。A4の用紙に印刷し、中央で切って使用してください。

記載例と特に注意していただきたい点

  • 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の施行に伴い、個人別明細書には受給者の個人番号の記載が必要です。
  • 例年誤りが多い項目など、特に注意が必要な項目は次のとおりです。
個人別明細書の記載例

上の画像の丸数字に対応しています。

  1. 所得金額調整控除の適用がある場合には、所得金額調整控除の額を控除した後の金額を記載し、6に所得金額調整控除の額を記載してください。
  2. 扶養親族等で非居住者(国外居住)に該当する方がいる場合は、氏名の右の区分欄に○を記載の上、その人数を記載してください。
  3. 摘要欄には、次の事項を必ず記載してください。
    普通徴収を希望する場合、普通徴収切替理由書にある符号(普F等)
    支払金額に前職分を含む場合、前職の事業所名・支払金額・退職年月日等
    事業専従者の場合、「専従者給与」
    租税条約適用の場合、「〇〇租税条約〇〇条該当」
  4. 住宅借入金等特別控除がある場合、控除可能額、居住開始年月日の記載漏れ、控除区分の誤りに注意してください。
    一般の住宅借入金等特別控除の場合(増改築含む)、「住」
    特定増改築等の場合、「増」
    ※「増」は住民税控除対象外です。
    特定取得の場合、「(特)」
    特別特定取得の場合、「(特特)」
  5. 基礎控除の額が32万円または16万円の場合は、その額を記載してください。
    ※基礎控除の額が48万円である場合は記載不要です。
  6. 所得金額調整控除の適用がある場合には、所得金額調整控除の額を記載してください。
  7. 令和3年12月31日時点で受給者が該当する事項がある場合に〇を記載してください。
  8. 受給者の生年月日の元号を漢字(「明治」、「大正」、「昭和」、「平成」または「令和」)で記載してください。

その他

  1. 乙欄にチェックがある方や退職年月日の記載がある方で、令和4年度の特別徴収を希望される場合は、その旨を給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に必ず記載してください。
    (例:令和4年1月1日再雇用のため特別徴収 等)
  2. 扶養親族の個人番号が不明で受給者と別居の場合は、摘要欄に扶養親族の住所も記載してください。
  3. 原則として、全ての受給者(従業員)が特別徴収となりますが、「神奈川県統一基準」(下記リンク「個人住民税(市民税・県民税)の特別徴収を推進!」ページ内の「神奈川県統一基準」欄)に該当し、かつ普通徴収を希望する場合は、普通徴収切替理由書(下記リンク「給与支払報告書(総括表)及び普通徴収切替理由書の記載方法」ページ内の関連ファイルからダウンロードできます。)の提出をお願いします。なお、個人別明細書の摘要欄に該当する符号を必ず記載して提出してください。

関連ファイル

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

財務部 市民税課 特別徴収係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎2階)
電話番号:046-225-2011
ファックス番号:046-223-5792

メールフォームによるお問い合わせ