家庭教育学級の開設について

更新日:2021年05月10日

公開日:2021年04月01日

家庭教育学級とは…

 家庭教育は、子どもが基本的な生活習慣・生活能力、人に対する信頼感、豊かな情操、思いやりや善悪の判断、自尊心や自立心、社会的なマナーなどを身につける上で重要な役割を担っています。
 家庭教育の重要性について、改めて保護者に学習する機会を提供することを目的に、市内の保育園、幼稚園、小中学校、私立初等学校などの保護者会等が、家庭教育学級を開設するための支援をしています。
 家庭教育学級では、次の内容について子どもの年代に合わせて、保護者の方たちが主体となって実施されています。教育委員会では、家庭教育学級を開設するにあたって、交付金を交付し、実施内容や講師選定の相談を受けたり、助言をしたりするなどの支援をしています。

  1. 家庭教育の基礎的・基本的理解に関すること。
  2. 「早寝早起き朝ごはん」等子どもの基本的な生活習慣に関すること。
  3. 子どもの安心安全に関すること。
  4. 心身の健康や食育に関すること。
  5. 体験活動・読書活動に関すること。
  6. 人権・いじめ問題解決や不登校防止対策など、課題解決に関すること。

それぞれの子どもの年代に合わせた内容を実施

関連ファイル

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育部 社会教育課 社会教育係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎4階)
電話番号:046-225-2513
ファックス番号:046-223-0044

メールフォームによるお問い合わせ